相続の知識 | 相続が発生した方 | 2.分割が確定しない場合のデメリット | 相続・贈与税など、お客様の大切な「財産」や「思い」の継承をサポートいたします。

  • 標準
  • 拡大
  • NO.1 相続実績 レガシィの強み PROFILE
  • 業務案内 SERVICE
  • 相続の知識 ABOUT
  • セミナー SEMINAR
  • よくある質問 FAQ
  • お問合せ CONTACT

about

分割が確定しない場合のデメリット

申告期限(相続の開始の翌日から10ヶ月以内)までに分割が確定しない場合でも、未分割財産を法定相続分で分割したと仮定して、各相続人が相続税を払う必要がでてきます。
未分割財産については、配偶者に対する相続税額の軽減※・小規模宅地の評価減※・物納・売却が出来ません。
従って、分割が確定した場合に比べて、税額が増えるため納税資金が追加で必要になります。
尚、分割が確定した時点で、相続税を払い過ぎの場合は還付、不足の場合は納付になります。

相続税の申告期限は相続の開始の翌日から10ヶ月以内です。一方、遺産分割は法律上いつまでに行わなければいけない、ということは決まっていません。ですから、相続人同士で納得がいかなければいつまでも話し合いを続けることはできます。しかし、この申告期限内に遺産分割がまとまらないと、その後もまとまらない可能性はとても高いのが現実です。できれば、申告期限内に分割を確定したいところです。

※申告期限から3年以内に分割が確定すれば、遡って適用が受けられます。

  • 遺産分割の対象
  • 分割が確定しない場合のデメリット

Q&A 分割のコツは

  1. Q1.遺産分割協議の進め方のポイントは?
  2. Q2.分割協議をする時に、民法と相続税法の違いで注意することはありますか?
  3. Q3.生命保険金は遺産分割協議の対象にならないといいますが本当ですか?
  4. Q4.財産価値と収益性に気をつけろとは?
  5. Q5.相続人の一人が相続税を払えなかった場合、他の相続人が負担する義務はあるのでしょうか?
  6. Q6.「はんこ代」に相場はありますか?
  7. Q7.配偶者は遺産全体のどの位の財産を相続していますか?
  8. Q8.配偶者と子供はそれぞれどのような財産を相続したらよいのでしょうか?
  9. Q9.相続財産の中に納税に当てる現金はあるが、物納を優先したい。どうすればよいですか?
  10. Q10.同居者のほうが遺産を多くとるのはどうしてでしょうか?

相続の知識トップに戻る

お客様のお悩みや現在の状況をヒアリングさせていただきます

  • 初回無料相談フォーム
  • 資料請求

相続の知識 ABOUT

PAGE TOP