相続の知識 | 相続が発生した方 | 3.相続財産を売却する場合の所得税の特例 | 相続・贈与税など、お客様の大切な「財産」や「思い」の継承をサポートいたします。

  • 標準
  • 拡大
  • NO.1 相続実績 レガシィの強み PROFILE
  • 業務案内 SERVICE
  • 相続の知識 ABOUT
  • セミナー SEMINAR
  • よくある質問 FAQ
  • お問合せ CONTACT

about

相続財産を売却する場合の所得税の特例

Q.相続財産を売却する場合の所得税の特例について教えて下さい
A.相続または遺贈により取得した財産を、相続税の申告期限の翌日以後3年以内に譲渡した場合、納付すべき相続税のうち譲渡する資産に対応する部分の金額が取得費に加算され、譲渡所得税が軽減されます。

解説

譲渡所得の金額 = 総収入金額 - (取得費 + 相続税の取得費加算額  + 譲渡費用)

※相続税の取得費加算額
 =その人が納付すべき相続税額×
  譲渡資産の相続税評価額(注)/その人の相続税の課税価格(債務控除前)

なお、取得費加算額は譲渡益(総収入金額-取得費-譲渡費用)を超えることができませんので、この特例を使った結果、譲渡所得がマイナスになるようなことはありません。

  • 相続税の申告と納税
  • 農地等の相続税の納税猶予
  • 相続税を売却する場合の所得税の特例

Q&A 分割のコツは

  1. Q1.土地の売却と物納のどちらが得?
  2. Q2.売却する予定の土地を物納申請する必要はありますか?
  3. Q3.物納のコツは?
  4. Q4.延納とローン(金融機関からの借入)の違いは?
  5. Q5.自社株を納税に利用するには?

相続の知識トップに戻る

お客様のお悩みや現在の状況をヒアリングさせていただきます

  • 初回無料相談フォーム
  • 資料請求

相続の知識 ABOUT

PAGE TOP